MENU

涙袋整形が人気です

芸能人やモデル、人気のアナウンサーまで華やかな顔立ちの人には大抵『涙袋』がありますね。
涙袋があると・・・
「目が大きく見える」
「顔が優しい印象になる」
男女を問わず、美容整形のメニューの中でも手軽にできる涙袋の整形は人気になっています。

 

涙袋とは・・・
涙袋は目の下にある眼輪筋と呼ばれる部分の膨らみです。
笑顔になるとこの眼輪筋に力が入るため膨らみが目立ちます。
そのため涙袋があると表情が明るく、生き生きとした印象になるんです。

 

加齢により、筋肉が弱くなって目元の立体感が無くなると老けた印象になってしまいます。
そんな方でも、涙袋を作ることで若々しさを取り戻す効果もあるんです。

 

整形と聞くと尻込みしてしまうかもしれませんが、実はそれほど大変なものではないんです。

 

この記事では、涙袋を作れる整形の種類や注意点等をまとめています。
涙袋の整形をご検討中の方は是非参考にしてみてください。

涙袋整形の種類

涙袋整形の種類は大きく分けると注射だけで完結するものと、実際に切開して施術する外科手術に分かれます。
ダウンタイムが少なく、手軽にできる注射タイプのものが人気ですが、効果が続く期間や料金などで考えて最適な整形方法を選んで下さい。

 

ヒアルロン酸注入

下まぶたにヒアルロン酸を注入することで涙袋を作ります。
注射するだけなので施術時間も10分程度ととても短く、ダウンタイムもありません。
身体への負担が少なく、施術後もメイクや入浴など普段と変わりなくできます。

 

針は極細のものを使用しますし、痛いのは怖いと言う方には塗るタイプの麻酔をしてもらえます。
クリニックでカウンセリングを受ける時に相談してみましょう。

 

ただしヒアルロン酸は時間が経つと身体に吸収されてしまうので、効果は永久的なものではありません。
持続させるためには定期的な注射が必要です。
しかし仕上がりが気に入らなかった場合はしばらくすると元に戻る、やり直しができるのである意味メリットともいえます。
溶解注射で分解すればやり直しも可能です。

 

どんな風になるのか一度試してみたいと思う方にはおススメの方法です。

 

脂肪注入

自分のお腹などから脂肪を採ってきて、まぶたの下に注入します。
ヒアルロン酸のように無くなってしまうことがないので何度も施術する必要がありません。

 

ただし注入した脂肪のすべて残るわけではないので仕上がりが予想しづらいのがネックです。
凸凹ができやすいというリスクもあります。

 

ヒアルロン酸に比べ、注入には高い技術力が必要なため、医師選びは慎重にしなければいけません。

 

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)

脂肪注入と同じく、自分の脂肪を注入するものです。

 

違いは採取した脂肪から不純物などを取り除き、良質で小さな脂肪と脂肪肝細胞だけを使うこと。
厳選された脂肪は滑らかになったことのより細い針で注入できるんです。
太い針に比べて腫れや内出血が抑えられるため、ダウンタイムが短くなりました。
脂肪注入で起きやすい凸凹なども少なく、自然な膨らみを作れるのが特徴です。

 

外科手術

下まつ毛の下を切開し、眼輪筋を引っ張り上げることで涙袋の膨らみを作る手術です。

 

顔にメスを入れる必要があり、医師の技術力も問われます。
涙袋の大きさや形の微調整はとても難しいと言われているこの手術。
成功すればたった一度で一生モノを手に入れられますが、簡単にお試しというわけにはいきません。

 

横浜で涙袋整形が人気のクリニックランキング

湘南美容クリニック

小顔注射(BNLS)LP

 

ヒアルロン酸
ビタールライト

1本1cc
38,470円(税込)

大手ならではの豊富な症例と高い技術力を低価格で提供してくれるクリニックです。
ヒアルロン酸1本の価格も安いのですが、余った分は保存しておいてもらえるので次回の施術で使用できます。

 

横浜院に加え、2008年3月4日には横浜駅東口直結の好立地に横浜東口院が新たに開院します。

「わかりやすい説明で、最善の方法を提案してもらえました。」

 

横浜院
診療時間:10〜19時
アクセス:JR横浜駅西口 徒歩5分

 

横浜東口院
診療時間:10〜19時
アクセス:横浜駅東口直結
     JR横浜駅徒歩3分
     京浜急行電鉄横浜駅徒歩3分
     東横線みなとみらい線横浜駅徒歩5分

 

>>湘南美容クリニックの詳細はこちら<<

 

 

 

ガーデンクリニック

 

なみだ袋形成

通常価格108,000円(100,000円+税)
プラン価格54,000円(50,000円+税)

ハイレベルの技術と豊富な経験を持った医師が、患者さんの安全を一番に考え、施術してくれます。
術後の定期健診など、アフターケアもしっかりしてくれるので安心です。

「カウンセリングをしっかりしていたので、当日はリラックスして施術を受けられました。」
「術後のチェックも丁寧にしてもらえます。」

 

診療時間:10〜19時
アクセス:横浜駅徒歩7分

 

>>ガーデンクリニックの詳細はこちら<<

 

 

 

品川美容外科

品川美容

ヒアルロン酸
レスチレン

涙袋片側
44,992円(41,660円+税)

ヒアルロン酸
ジュビダームビスタ
ウルトラ

涙袋片側
65,880円(61,000円+税)

CMでおなじみの大手クリニックです。
横浜駅からも近く、診療時間は夜8時までと仕事帰りに通院するのにも便利。
横浜院はリピーターや他の患者さんからの紹介で遠方より来院する方も多いそうです。

「丁寧な対応で気持ちよかったです。」
「手術の必要性をきちんと説明してもらえたので納得して受けられました。」

 

診療時間:10〜20時
アクセス:JR横浜駅 「東口」徒歩約2分

 

>>品川美容外科の詳細はこちら<<

 

 

 

聖心美容クリニック

プチ整形のすべて

ヒアルロン酸
ジュビダームビスタ
ウルトラプラス

1回1本1ml
70,200円(税込)

ヒアルロン酸
クレヴィエル・プライム

1回1本1ml
91,800円(税込)

カウンセリングでは悩みや希望をしっかり聞き出し、数あるメニューの中から患者さん一人一人に最適なものを提案してくれます。
プライバシーの配慮もしっかりしていて、他の患者さんと顔を合わせることがないので安心です。
1ヵ月以内なら再注入1回分が無料になる後日追加注入プランがあります。

「カウンセリングが他院よりも長く、きちんと説明してもらえました。」
「細かなところまでこだわって手術をしてくれたので、とても満足です。」

 

診療時間:10〜19時
アクセス:横浜駅より 徒歩 4分
神奈川駅より 徒歩 9分
反町駅より 徒歩 10分

 

>>聖心美容クリニックの詳細はこちら<<

 

 

 

城本クリニック
涙袋形成術(両目)

0.1cc
12,960円(12,000円+税)

経験豊富な専門のドクターが在籍するクリニックです。
手術だけでなくカウンセリングにも十分な時間をかけて丁寧に説明をしてくれます。
年齢性別問わず、多くの患者さんが来院しています。

「できること、できないこと、原因、金額など親切に説明していただきました。」

 

診療時間:10〜19時
アクセス:JR横浜駅西口より徒歩5分

 

涙袋整形をする時の費用

ヒアルロン酸注入は、大抵のクリニックは1本1ml(または1t)で料金を設定しています。
ヒアルロン酸の種類も多く、1本の価格は3万〜13万円くらいと開きがあります。

 

涙袋の場合、一度に注入する量は0.5ml以下の場合がほとんどです。
クリニックによっては、余った分は半年間は冷所保存をして、次の施術の時に再利用するところもあります。
この場合、2回目の料金はヒアルロン酸の料金は必要ないのでそれだけ安く受けられるわけです。

 

0.1mlや0.3mlといった少量で料金設定しているクリニックもあります。
0.1mlでおよそ1万円〜です。
たくさん打つ場合は割高になりますが、無駄がなくて良いともいえます。

 

クリニックによって表記が違うので注意してください。

 

脂肪注入やマイクロCRFはまず注入するための脂肪を採取しなくてはいけません。
採取と注入それぞれに料金が発生しますので、その分高額です。
採取料金と注入料金を別にしているクリニックと両方を合わせた料金を載せているクリニックがあります。
どちらの場合でも約20万〜40万円くらいが相場です。

ヒアルロン酸注入で涙袋整形をした時のの失敗例

ヒアルロン酸注入したけど変化がない

 

注入するヒアルロン酸の量が少ないと変化がわかりづらいです。
クリニックによっては様子を見ながら少しずつ注入します。
一度にたくさん入れ過ぎて涙袋が大きくなりすぎるのを防ぐためです。

 

微調整しながら少しずつ注入してくれるのは良いのですが、事前に方針を伝えてくれない医師と言うのも考えモノです。
カウンセリングの時にきちんと説明してくれる医師やクリニックを選ぶことで失敗は避けられます。

 

涙袋が不自然に大きくなった

 

逆にヒアルロン酸を注入しすぎた場合です。
人によって「丁度いい」涙袋の大きさは違います。
その患者さんのイメージを把握して施術してくれる医師でないと「思っていたのより大きい(または小さい)」と言ったことが起こります。

 

患者さんに鏡を見てもらいながらヒアルロン酸を注入していくクリニックもあるようです。
「鏡で確認しながら注入をしてほしい」と言ってみて、快く引き受けてくれるところなら安心して任せられますね。
何より事前にしっかりカウンセリングしてくれるクリニックを選びましょう。

 

他にも、何度も注入しているうちに大きくなってくることもあります。
ヒアルロン酸は時間が経つと身体に吸収されてしまうものです。
せっかく涙袋を作ってもしばらくするとまた無くなってしまいます。
しかし、涙袋に入れたヒアルロン酸は他の部位に比べて長持ちすると言われています。
1年以上保つ人もいるのだとか。
十分にヒアルロン酸が残っているのに「小さくなった」と感じて再注入すると、不自然に大きくなってしまうのです。

 

毎日自分の顔を見ていると感覚が麻痺してしまうこともあります。
「小さくなった!」と感じたら、まず周囲の人に意見を聞いてみましょう。

 

涙袋ではなくたるみのように見える

 

涙袋の下には「目袋」と呼ばれる部分があります。
目袋は目の下にある脂肪が目玉に押し出されて前に突き出した状態のものです。
ここが膨らんでいる人はヒアルロン酸を注入すると、目袋と合体して大きなたるみになります。

 

親切な医師ならば、ヒアルロン酸注入をしても上手く涙袋は作れないと教えてくれるでしょう。

 

どうしても涙袋を作りたいのであれば、この脂肪を取り除く手術をするなどしなければいけません。

 

すぐに涙袋が無くなった

 

ヒアルロン酸には種類がたくさんあり、粘度の高さ、粒子の大きさなどで硬さが違います。
注入するのに容易な軟らかいヒアルロン酸を使っていることが考えられます。

 

安いものは品質が良くないことも考えられます。
ただ安いという理由だけでクリニックを選ばないようにしましょう。